minkweb 2018年度版はこちら
minkweb menu
2020年度診療報酬改定 2018年度版はこちら

入院時のポリファーマシー解消の推進

 薬剤総合評価調整加算を見直し段階的な報酬体系に

多剤服用に関連して、薬物有害事象のリスク増加、服薬過誤、服薬アドヒアランス低下などの問題につながるポリファーマシーの解消を促すため、入院時のポリファーマシーに対する取組を評価する。2016年度の診療報酬改定で創設された「薬剤総合評価調整加算」(退院時1回)では、2種類以上の内服薬の減薬が行われた場合を評価していた。今回の改定では、これを見直し、処方の総合的な評価及び変更の取り組みと、減薬に至った場合の2つに分け、段階的な報酬体系とした。

入院時のポリファーマシーに対する取組の評価

改定前の「薬剤総合評価調整加算」は、(1)入院前に6種類以上の内服薬が処方されていた患者について、処方の内容を総合的に評価及び調整し、退院時に処方する内服薬が2種類以上減少した場合、(2)精神病床に入院中の患者であって、入院前又は退院1年前のいずれか遅い時点で抗精神病薬を4種類以上内服していたものについて、退院時までの間に、抗精神病薬の種類数が2種類以上減少した場合(クロルプロマジン換算で2,000mg内服していたものについて、1,000mg以上減少した場合を含む)-のいずれかに該当する場合、所定点数(退院時1回、250点)を加算できた。

今回の改定では、段階的な報酬体系とし、「薬剤総合評価調整加算」を100点とし、残る150点を「薬剤調整加算」(退院時1回)に充てた。改定後の「薬剤総合評価調整加算」は、患者の入院時に、関連ガイドライン等を踏まえ、特に慎重な投与を要する薬剤等の確認を行ったり、この確認を踏まえ、多職種によるカンファレンスを実施し、薬剤の総合的な評価を行い、処方内容の変更又は中止を行ったりした場合などの要件を満たせば、退院時1回に限り算定できる。
こうした算定要件を満たした上で、▽退院時に処方する内服薬が2種類以上減少した場合▽退院日までの間に、抗精神病薬の種類数が2種類以上減少した場合(クロルプロマジン換算で2,000mg内服していたものについて、1,000mg以上減少した場合を含む)-のいずれかに該当する場合、退院時1回に限って「薬剤調整加算」の150点を算定できるようにした。

また、入院前の処方薬の内容に変更、中止等の見直しがあった場合について、退院時に見直しの理由や見直し後の患者の状態等を文書で薬局に対して情報提供を行った場合の評価として、退院時薬剤情報管理指導料の退院時薬剤情報連携加算(60点)が新設された。

ポリファーマシーを巡っては、厚生労働省は2019年4月24日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会で、ポリファーマシーの現状を取り上げ、新たな医療機関の受診による服用薬の積み重ねや、薬物有害事象に薬剤で対処し続ける「処方カスケード」の発生により、「ポリファーマシーが形成される可能性がある」と説明していた。

2019年6月26日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会でも、「ポリファーマシーの解消に向けた取組例」として、入院時に持参薬評価のテンプレートを用いて、薬剤師が7つの評価項目でスクリーニングを行って、これを基に医師が薬剤調整を検討する取り組みを実施している東京大学医学部附属病院の事例を説明。このほか、患者スクリーニング後に情報収集して多職種でのカンファレンスを行い、処方にフィードバックして減薬に取り組んでいる国立長寿医療研究センターの事例を紹介していた。

2019年7月24日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会でも、厚生労働省は、2020年度診療報酬改定に向けた議論の概要を示し、「入院時におけるポリファーマシーへの取組として、医療機関では多職種が時間をかけて対応している。中でも病院薬剤師の役割は重要である」といった意見を取り上げていた。

こうした説明や議論を踏まえ、厚生労働省は2019年9月18日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会で、入院時のポリファーマシー解消(退院時の連携)に関する現状・課題として、▽入院中は処方の一元的な管理、処方変更後の患者の状態の確認が可能▽入院から外来や在宅への移行時には、薬剤の変更理由、変更後の状態等を地域のかかりつけ医や薬剤師に引き継ぐことが重要▽診療報酬上は、入院前に6種類以上の内服薬を服薬する患者について、退院時に処方薬剤数が2種類以上減少した場合等を評価している▽高齢者に対して特に慎重な投与を要する薬剤が、国内外でガイドライン等がまとめられている-などを提示。論点として、「2種類以上の減薬が行われた場合について評価しているが、入院時の処方の総合調整の取組をさらに推進する観点から、減薬の結果だけでなく、総合評価し調整する取組自体について、評価することを検討してはどうか」などと提案していた。


外来患者への重複投薬解消に対する取組の評価

 服用薬剤調整支援料2を新設、処方医への提案などを評価

薬局において患者の服薬情報を一元的に把握し、重複投薬の有無の確認を行った上で、処方医に重複投薬等の解消に係る提案を行う取り組みを評価する「服用薬剤調整支援料2」(100点、3月に1回まで)を新たに設けた。複数の医療機関を受診する患者の重複投薬の解消を進める狙いがある。

外来患者への重複投薬解消に対する取組の評価

複数の保険医療機関より6種類以上の内服薬が処方されていた患者について、患者等の求めに応じて、当該患者の服用中の薬剤について一元的に把握し、重複投与のおそれがある場合には、重複投薬などの解消に係る提案をした場合、算定できる。

重複投薬を巡っては、厚生労働省が2019年9月18日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会で、重複投薬に関する現状・課題として、▽保険者において、レセプト情報を活用した重複投薬の解消のための取組が実施されており、レセプト分析により、重複投薬が多い医薬品成分、重複が疑われる薬効群の見える化が行われている▽複数の医療機関を受診する患者については、重複投薬の防止のためにお薬手帳が活用されているが、確認時には複数のページを確認するなど、一定の注意が必要▽診療所で実施している業務のうち負担の大きな項目として、「在宅患者に対する24時間対応」、「患者に処方されている全ての医薬品の管理」、「患者が受診しているすべての医療機関の把握」と回答した診療所が多かった-などを提示。論点として、「重複投薬の解消に向けた取組をさらに進める上では、服用薬剤の把握や処方薬の総合的な評価・調整が重要であるが、これらを円滑に行うための対応や連携について、評価することを検討してはどうか」と提案していた。


【参考にした厚生労働省のホームページ】
個別改定項目について
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000601838.pdf
令和2年度診療報酬改定の概要
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000616842.pdf
令和2年厚生労働省告示第57号 別表第1(医科点数表)第1章 基本診療料 第2部 入院料等 第2節 入院基本料等加算 A250 薬剤総合評価調整加算
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603748.pdf
令和2年厚生労働省告示第57号 別表第1(医科点数表)第2章 特掲診療料 第1部 医学管理等 B014 退院時薬剤情報管理指導料
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603749.pdf
令和2年3月5日保医発0305第1号 別添1(医科点数表)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603981.pdf
中央社会保険医療協議会総会(第413回)年代別・世代別の課題(その2)について(総-3)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000528279.pdf
中央社会保険医療協議会総会(第417回)医薬品の効率的かつ有効・安全な使用について(総-4-1)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000522373.pdf
中央社会保険医療協議会総会(第420回)これまでの議論について(総-3)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000531114.pdf
中央社会保険医療協議会総会(第423回)個別事項(その1)について(総-1)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000548708.pdf


執筆:CBホールディングス CBニュース編集部

本コンテンツは、厚生労働省の関連通知、疑義解釈資料(事務連絡)などをもとに作成しております。