minkweb 2018年度版はこちら
minkweb menu
2020年度診療報酬改定 2018年度版はこちら

多職種チームによる摂食嚥下リハビリテーションの評価

 要件と評価を見直し患者への効果的な介入を推進

摂食機能療法の「経口摂取回復促進加算」の要件と評価を見直した。摂食嚥下障害を有する患者に対する多職種チームによる効果的な介入を推進する狙いがある。

摂食機能療法については、改定前は「経口摂取回復促進加算1」(185点)と「経口摂取回復促進加算2」(20点、治療開始日から6月を限度として摂食機能療法に加算)となっていたが、この2つを統合するような形で「摂食嚥下支援加算」(200点、週1回に限り摂食機能療法に加算)とした。

算定対象については、改定前は「鼻腔栄養を実施している患者(加算1のみ)」「胃瘻を造設している患者」となっていたが、改定後は、「摂食嚥下支援チームの対応によって摂食機能又は嚥下機能の回復が見込まれる患者」とした。施設基準についても、摂食嚥下支援チームを設置することや、入院時及び退院時の嚥下機能の評価等について報告することが求められている。

摂食機能療法の加算の見直し

摂食機能療法を巡っては、2019年9月18日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会で、厚生労働省が、2016年度の診療報酬改定で、摂食機能に対するリハビリテーションを推進する観点から、摂食機能療法の対象となる患者の範囲を拡大し、「経口摂取回復促進加算」の要件を緩和したことや、その概要、算定回数などを取り上げた。脳卒中の患者であって、摂食機能障害を有するものに対して、脳卒中の発症から14日以内に限り、1日につき算定できる「摂食機能療法」に関する「経口摂取回復促進加算2」(20点、4月前までの3カ月間に摂食機能療法を開始した入院患者の3割以上について、3月以内に経口摂取のみの状態へ回復等)の算定回数がゼロとなっている状況が読み取れるグラフを提示したほか、リハビリテーション領域における課題や取り組みにも言及した。

具体的には、摂食嚥下障害を有する脳卒中患者について、摂食嚥下障害を有していない脳卒中患者と比較して、低栄養である者が多いとされていることを説明。また、「経管栄養管理下にある低栄養の脳卒中患者に対し、管理栄養士による介入が週1回の群の方が、管理栄養士の介入が月1回の群と比較して有意にBMI増加量が大きく、3食経口摂取移行者の割合及び運動FIMが有意に高かった」とした。

このほか、摂食・嚥下チームが脳卒中患者に摂食機能療法や口腔ケアを積極的に行った場合、経口摂取の割合は高く、重症脳卒中であっても経口摂取が可能となる可能性があるとされていることも説明した。その上で、「摂食嚥下障害を有する脳卒中の患者は、低栄養の患者が多く、管理栄養士が重点的に関わることにより、経口摂取への移行割合の向上等が見られるという報告がある」といったリハビリテーションに係る現状・課題を提示。リハビリテーションに係る現状等を踏まえ、「必要な見直しを検討してはどうか」と提案していた。

2019年11月27日に開かれた中央社会保険医療協議会の総会では、リハビリテーションに係る現状及び課題として、「摂食機能療法の経口摂取回復促進加算は、対象者の拡大や施設基準の要件緩和等を行ってきたものの、算定回数は減少している」と説明。また、「脳卒中患者のうち多職種で構成される嚥下チームが組織された後では、入院期間中のWBC及びCRPの基準値以上の患者、肺炎患者数が有意に少なく、嚥下チームが介入することにより、肺炎発症の減少に有意に関係しているという報告がある」ことも示し、「摂食機能療法について、多職種チームによる介入を推進する観点から、現行の経口摂取回復促進加算の算定要件等を見直すこととしてはどうか」と提案していた。


【参考にした厚生労働省のホームページ】
個別改定項目について
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000601838.pdf
令和2年度診療報酬改定の概要
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000616842.pdf
令和2年厚生労働省告示第57号 別表第1(医科点数表)第2章 特掲診療料 第7部 リハビリテーション
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603758.pdf
令和2年3月5日保医発0305第1号 別添1(医科点数表)第2章 特掲診療料 第7部 リハビリテーション
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603981.pdf
令和2年3月5日保医発0305第3号
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603894.pdf
中央社会保険医療協議会(第423回)個別事項(その1)について(総-1)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000548708.pdf
中央社会保険医療協議会(第436回)個別事項(その11)について(総-4)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000572183.pdf


執筆:CBホールディングス CBニュース編集部

本コンテンツは、厚生労働省の関連通知、疑義解釈資料(事務連絡)などをもとに作成しております。