minkweb 2018年度版はこちら
minkweb menu
2020年度診療報酬改定 2018年度版はこちら

情報通信機器を用いた服薬指導の評価

 例外でオンライン服薬指導認められ診療報酬上の評価新設

医薬品医療機器等法(以下、薬機法)が改正され、情報通信機器を用いた服薬指導(オンライン服薬指導)が対面による服薬指導の例外として認められることなどを踏まえ、診療報酬上の評価を新設した。

外来患者に対する情報通信機器を用いた服薬指導について、「薬剤服用歴管理指導料4 オンライン服薬指導を行った場合」(43点、月1回まで)を新たに設けた。医科点数表の区分番号A003オンライン診療料に規定する情報通信機器を用いた診療の実施に伴い、処方箋が交付された患者、原則3月以内に「薬剤服用歴管理指導料1」又は「同2」を算定した患者のいずれにも該当する患者が対象となっている。

算定要件に関しては、▽薬機法施行規則及び関連通知に沿って実施すること▽服薬指導計画を作成し、当該計画に基づき実施すること▽オンライン服薬指導を行う保険薬剤師は、原則として同一の者であること▽手帳により薬剤服用歴及び服用中の医薬品等について確認すること―などを挙げている。このほかに薬機法により、当該薬局において調剤したものと同一内容の薬剤について、オンライン診療による処方箋により調剤することなどが要件として求められている。
また、薬機法及び関連通知に沿ってオンライン服薬指導を行う体制を有する保険薬局であることなどが施設基準になっている。

外来患者へのオンライン服薬指導

このほか、「在宅患者訪問薬剤管理指導料 在宅患者オンライン服薬指導料」(57点、月1回まで)も新たに設けられた。医科点数表の区分番号C002に掲げる在宅時医学総合管理料に規定する訪問診療の実施に伴い、処方箋が交付された患者、保険薬局において区分番号15に掲げる「在宅患者訪問薬剤管理指導料」を月1回のみ算定している患者のいずれにも該当する患者が対象となっている。

算定要件に関しては、▽保険薬剤師1人につき、在宅患者訪問薬剤管理指導料1から3までと合わせて週40回に限り、週10回を限度として算定できる▽薬機法施行規則及び関連通知に沿って実施すること▽服薬指導計画を作成し、当該計画に基づき実施すること▽オンライン服薬指導を行う保険薬剤師は、原則として同一の者であること▽訪問診療を行った医師に対して、在宅患者オンライン服薬指導の結果について必要な情報提供を文書で行うこと―などを挙げている。このほか薬機法により、当該薬局において調剤したものと同一内容の薬剤であることなどが要件として求められている。
施設基準については、「薬剤服用歴管理指導料の4に係る届出を行った保険薬局であること」としている。

在宅患者へのオンライン服薬指導料

 中医協総会で国家戦略特区の遠隔服薬指導や薬機法改正など説明

オンライン服薬指導を巡っては、2019年6月12日に開催された中央社会保険医療協議会の総会で、厚生労働省が国家戦略特区における遠隔服薬指導として、離島・へき地等における利活用を取り上げ、愛知県、兵庫県養父市、福岡市の3つの特区で、実証的にテレビ電話等による服薬指導が実施されていることを説明。2018年7月18日の中央社会保険医療協議会の審議の結果、国家戦略特区で実施される遠隔服薬指導については、▽薬剤服用歴管理指導料に係る算定要件を満たすこと▽患者の手元に薬剤が届いた後にも、改めて必要な確認を行うこと▽「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(2018年3月厚生労働省)を参考に情報セキュリティ対策を講じていること▽お薬手帳を活用していること-の4つの要件をすべて満たしていれば、薬剤服用歴管理指導料を算定することが暫定的に可能としたことも説明した。

2019年12月20日に開催された中央社会保険医療協議会の総会では、厚生労働省が、薬機法の改正により、一定の条件下でオンライン服薬指導が実施可能となることや、このオンライン服薬指導は、「オンライン診療時の処⽅箋に基づく服薬指導」と「在宅訪問診療時の処⽅箋に基づく服薬指導」に分かれること等を現状・課題として提示。オンライン服薬指導について、薬機法上の要件案、実施要領案やオンライン診療での取扱いなどを踏まえ、「診療報酬上の観点から、対象患者や実施要件をどのように設定するか」などと提案していた。


【参考にした厚生労働省のホームページ】
個別改定項目について
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000601838.pdf
令和2年度診療報酬改定の概要
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000616842.pdf
令和2年厚生労働省告示第57号 別表第3(調剤点数表)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603771.pdf
令和2年3月5日保医発0305第1号 別添3(調剤点数表)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603920.pdf
令和2年3月5日保医発0305第3号
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603894.pdf
中央社会保険医療協議会(第416回)医療におけるICTの利活用について(総-2)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000517679.pdf
中央社会保険医療協議会(第443回)横断的事項(その5)について(総-3)
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000579017.pdf


執筆:CBホールディングス CBニュース編集部

本コンテンツは、厚生労働省の関連通知、疑義解釈資料(事務連絡)などをもとに作成しております。