minkweb 2020年度版はこちら
minkweb menu
2018年度診療報酬改定 2020年度版はこちら

入退院支援の推進

切れ目ない支援目指し「入院時支援加算」新設

2018年度診療報酬改定では、入退院支援を推進する方向性を強く打ち出している。病気になって入院しても住み慣れた地域で継続して生活できるようにしたり、入院前からの支援強化、退院時の地域の関係者との連携を進めたりするなど、「切れ目のない支援」となるよう評価を見直す。具体的には、入院前からの支援を評価する「入院時支援加算」を新設するほか、「退院支援加算」の名称を「入退院支援加算」に変更する。また、「退院時共同指導料」についても見直す。

 自宅から入院する予定入院患者を算定対象に


入院を予定している患者が入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかをイメージし、安心して入院医療を受けられるよう、▽入院中に行われる治療の説明▽入院生活に関するオリエンテーション▽服薬中の薬の確認▽褥瘡・栄養スクリーニングなどについて、入院前の外来で実施し、支援を行ったケースを評価する「入院時支援加算」(200点、退院時1回)を新設する。

自宅等(他の保険医療機関から転院する患者以外)から入院する予定入院患者であることと、入退院支援加算を算定する患者であることを算定対象とする。

施設基準については、「入退院支援加算1」「同2」「同3」の施設基準で求める人員に加え、許可病床数200床以上では、十分な経験を持つ専従の看護師が1人以上、または専任の看護師および専任の社会福祉士を1人以上配置する必要がある。200床未満については、専任の看護師(1人以上)の配置を求めている。このほか、地域連携を行うための十分な体制が整備されていることも基準に含める。

算定要件は、入院の予定が決まった患者に対し、入院中の治療や入院生活に係る計画に備え、入院前に、▽身体的・社会的・精神的背景を含めた患者情報の把握▽入院前に利用していた介護サービス・福祉サービスの把握▽褥瘡に関する危険因子の評価▽栄養状態の評価▽服薬中の薬剤の確認▽退院困難な要因の有無の評価▽入院中に行われる治療・検査の説明▽入院生活の説明を行う。

さらに、入院中の看護や栄養管理等に係る療養支援の計画を立て、患者および入院予定先の病棟職員と共有することを求めている。

「退院支援加算」の名称を変更、小児の退院困難も加える


「退院支援加算」は、入院早期から退院直後まで切れ目のない支援を評価している。こうした状況を踏まえ、「退院支援加算」の名称を「入退院支援加算」に変更する。加算の対象の「退院困難な要因」に、入院早期から福祉等の関係機関との連携が必要な状態、小児における退院困難なケースを加える。

また、「入退院支援加算1」の施設基準の1つである「介護支援等連携指導料」の算定件数の要件についても、小児を専門とする医療機関や病棟に対応できるように見直す。

具体的には、従来の介護支援等連携指導料の算定回数に、過去1年間の相談支援専門員との連携回数(小児入院医療管理料を算定する患者に対する支援に限る)を加えることを認める。

このほか、「小児加算」(200点、退院時1回)を新設する。「地域連携診療計画加算」の算定対象に「入退院支援加算2」を届け出ている医療機関を加える。

 退院時共同指導料、薬剤師や管理栄養士なども評価対象に


入退院時の連携を評価した報酬のうち、入院医療機関が連携先の医療機関と「特別の関係」にあたる場合も算定可能となるように見直す。その対象となるのは、▽在宅患者緊急入院診療加算▽精神科救急搬送患者地域連携受入加算▽入退院支援加算1▽精神疾患診療体制加算▽退院時共同指導料1、同2▽在宅患者連携指導料▽在宅患者緊急時等カンファレンス料▽施設入所者共同指導料である。

また、入院中の患者が退院後に安心して療養生活を送ることができるよう、関係機関間の連携を推進するため、「退院時共同指導料」について、医師と看護職員以外の医療従事者等が共同指導する場合も評価の対象にする。評価対象となる職種に関しては、▽薬剤師▽管理栄養士▽理学療法士▽作業療法士▽言語聴覚士▽社会福祉士を挙げている。

共同指導が行えなかった場合の対応も示している。「退院時共同指導料2」のうち、「入退院支援加算」を算定する患者に係る退院後の診療等の療養に必要な情報の提供に対する評価について、自宅以外の場所に退院する患者も算定できるようにする。また、医療・介護・福祉事業者間での切れ目のない連携を推進する観点から、入退院支援や退院時の指導等における要件に、障害福祉サービスの相談支援専門員との連携を追加する。


【参考にした厚生労働省のホームページ】
平成30年度診療報酬改定の概要(医科Ⅰ)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000198532.pdf
平成30年厚生労働省告示第43号(別表第1(医科点数表)<第1章>入院料等 A246入退院支援加算 注7)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196287.pdf
平成30年厚生労働省告示第44号(35の6入退院支援加算:P118、(7)入院時支援加算:P120)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000196314.pdf
平成30年3月5日保医発0305第2号(第26の5入退院支援加算:P115、6入院時支援加算:P117)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000205633.pdf

執筆:株式会社CBコンサルティング

本コンテンツは、厚生労働省の関連通知、疑義解釈資料(事務連絡)などをもとに作成しております。